Fマンション大規模修繕工事

no249_02_01mae.jpg no249_02_01ato.jpg

 Fマンション大規模修繕工事の紹介をします。場所は、浜松駅から中田島街道を南へ約1kmに位置し、地上6階・地下1階・ワンルーム123戸、1Fには店舗6室・管理人室、2Fには貸事務所2室、エレベーター2基・階段3箇所があり、地下駐車場が完備された、築20年というマンションの改修工事です。

 当社の提案見積り(修繕内容)が認められ、管理組合様より直接受注した工事です。
修繕内容としては、外部足場4933.2㎡、内外壁調査6842.7㎡、吹付け面クラック補修、タイル面クラック・浮き補修、外壁爆裂補修、サッシ周り・取合い部分シーリング打替え、外部共用部塗装塗り替え、バルコニー床・巾木塗膜防水、廊下床シート張り・巾木溝塗膜防水、廊下・階段床シート張り・巾木溝塗膜防水他という内容です。

 足場を組んでの調査結果では、築20年ということもあり、予想以上にクラックや浮きが多く、とても予算内には納まらないということで、管理組合様と修繕内容を再度協議し、優先順位を決めて必要な箇所のみの修繕工事となりました。

no249_02_02mae.jpg no249_02_02ato.jpg

 マンションの修繕工事は、さら地に新築する工事とは違って、生活をされている環境の中での工事となります。何よりも居住者の皆様のご協力なくして出来るものではありません。まずは、管理会社・管理組合との打合せ、居住者への工事説明会等を行います。そして、工事を進めるにあたり、所有者・居住者様へ事前に工事予定をお知らせを行います。
集合郵便受けへポスティング・玄関ドアへポスティング・玄関ドアへ張り紙・エントランスホールへ案内掲示板を設置、といった具合でご理解・ご協力をいただけるまで、どうお知らせするか苦労するしたところです。おかげ様をもちまして、皆様方のご協力を頂き、無事に工事を完了することが出来ました。

 これからの時代、このような修繕工事が増えてくると思います。新築現場とは違った意味での現場管理が必要となり、苦労もあります。こればかりは、経験しないとわからない部分が多いかもしれませんが、誰もが同じレベルでの修繕工事を失敗せずにできるよう参考資料を整え、また、自分自身もアドバイスができるよう、磨きを掛けて行きたいと思います。

担当:リフォーム本部 市川和義