曳馬町阿弥陀公民館 新築工事

no250_03_01.jpg

 当現場は曳馬阿弥陀自治会様より発注された工事で、アーバンライフ曳馬東側の水道部資材置場の土地に新築しています。

 建物概要は鉄骨造平屋建て、建築面積348.06㎡、延床面積318.3㎡の公民館です。

 屋根はカラーガルバリウム鋼板、外壁は親水コートサイディング張りです。

 内部は集会室とホールの床に無垢のフローリングを使用し、和室もあるため造作を多くとりいれた造りとなっています。

 浜松の公民館ということで倉庫の小屋裏は浜松祭りの凧を収納するスペースとなっています。

 工期は6月25日から着工して、11月30日の竣工引渡しに向けて工事を進めています。

no250_03_02.jpg

 現在は土間コンクリートの打設を終えて、内・外装工事が本格的に始まります。

 今回初めて一人で現場を担当することになり、不安がたくさんありましたが、協力業者の皆様の協力によってここまでに至ることができました。

 今後も安全、工程、施工管理といろいろなことに気を配りながら設計事務所、協力業者との打合せを密に行い、自治会の方に喜んでもらえる公民館を造り、自分自身も納得し、思い出に残る公民館にしたいと思います。

担当:建築本部 平野貴久