クレメント稲沢マークス新築工事

110108_07.jpg 110108_08.jpg

 当現場は中村建設の自社物件にて名古屋支店では小牧、藤ヶ丘、豊田に続いて4物件目の分譲マンションとなります。場所は稲沢市の中心地にて名鉄名古屋本線国府宮駅南西徒歩10分の位置となります。
 工事概要としましては、鉄筋コンクリート造地上6階建て、建築面積886.24m²、延床面積3337.32m²の2LDK〜4LDKの14タイプ35戸の分譲マンションとなっています。
 現在の進捗状況としましては、内外装の工事を終え、外構工事を残すのみとなり、これから官庁検査、購入者様の確認を頂き12月18日の引渡しに向けて進んでいます。 私自身何回か分譲マンションの工事は経験をしましたが、今回は約5年ぶりとなりました。分譲マンションは年々仕様が変わっていきます、まずは最新の仕様、材料などの情報を収集しなければなりませんでした。
 工事をとりまく環境も非常に厳しいため設計事務所の三輪設計さん、販売代理の伊藤忠ハウジングさん、事業担当の市川グループ長、近々のマンションの工事を経験し、一緒に工事を管理している植地、そして協力業者の皆様にいろいろなアドバイスをいただきながら工事を進めています。
 今回の工事を通じて感じたのは、同じ分譲マンションの工事でも場所、工期、時期、設計、職人さん等がい、その都度その都度初めて味わう経験があるのだなあ、まだまだ知識が足らないということでした。改めてみなさんの協力がなければ建物は出来ないとも思いました。
 今後共、知り合った関係者の皆様、協力業者の皆様との関係を大事にして次につなげていきたいと思います。
 残りあとわずかになりましたが、気を緩めず無事竣工を迎えたいと思います。

担当:名古屋支店建築グループ 山田一之