2011年8月アーカイブ

M様邸新築工事

110818_0401.jpg

110818_0402.jpg

 M様邸は、浜松市西区大平台に完成した重量鉄骨造『どっしりくん』の2階建て延べ床43坪の住宅です。

 屋根はシンプルな切妻ですので、一見すると木造のように見えますが、実は広い空間のリビングダイニングや、奥行きのあるバルコニーなど、鉄骨ならではの設計が随所に生かされたお宅です。

 外壁はALCを採用し、遮音性能と断熱性能の高い仕上げで、さらに風がよく抜ける間取りにしているため、工事の途中からでもその涼しさを実感することが出来ました。

 その他、トップライトをつけて、曇りの日でも光を取り込む工夫をしています。

 電力使用量を少なくする住宅が望まれる昨今、こういった工夫がこれからの家づくりにおいてもかなり重要視されていくことと思われます。

 ところで今回の工事は、平成11年度にご両親のご自宅、さらに22年度には敷地内での「離れ」の新築工事を施工させて頂いたことがご縁で、受注をいただきました。

 それぞれ重量鉄骨造『どっしりくん』で建てた建物をお施主様に高く評価して頂いております。

 前回の「離れ」に引き続き工事を担当させて頂き、本当に有り難いと思うのと同時に、次の世代からもお声を掛けていただけるような施工をしたいと常に思っています。

 また、今回の工事で学んだノウハウを次回へ活かし、より良い住まいづくりを目指していきたいと思います。

担当:住宅事業部 加藤潤之

磐南浄化センター用水棟 塩素混和池工事

110818_0301.jpg

▲23年1月下旬

当現場は、静岡県袋井土木事務所発注で天竜川左岸流域下水道(磐南浄化センター)内の用水棟塩素混和池増築工事です。

 工事概要として鉄筋コンクリート造地下1階建て、建築面積480.43m²の水槽構造となっています。

 用水棟塩素混和池とは、下水処理場に運ばれた汚水を微生物の働きにより、汚水中の汚泥と分離し易くして、きれいになった水に次亜塩素酸ナトリウムを入れて消毒します。こうして処理された水を旧 僧川へ放流します。この汚水処理過程の最終工程を担う消毒設備です。

110818_0302.jpg

▲23年6月下旬

 現在の進捗状況としまして、本体躯体工は完了し土工・仮設工・付帯工を残すのみとなっています。地下水位の高い地域での地下構造物の為、地下水低下には十分注意しました。

 又、水槽形状の構造物の為、ひび割れや漏水対策に留意しました。

 今後、高所作業及び重機作業が続きますが、無事故・無災害での竣工を目指し、優良工事が獲得できるよう努力していきます。
(作業所長 水本浩、工事係 鈴木大輝)

担当:土木本部 水本 浩

110818_0201.jpg

 浜松市浜北区平口の総合体育館(グリーンアリーナ)の横に、人工芝仕様のサッカー場と、土舗装の多目的グラウンドを造っています。工事着手前は、砕石敷の臨時駐車場となっていた場所で、体育館での大きなイベントには駐車台数に御不便を掛けてしまっています。

 当現場は、須山建設・中村建設・中村組の共同企業体で請負い、平成25年2月までの契約工期となっています。平成22年8月より造成を開始し、平成23年5月現在では二次造成を施工しながら排水施設・園路整備・防球フェンス等を施工中であり、進捗率は21%となりました。

 交通量の多い平口交差点方向からの工事車輛出入りを避け、安全に配慮して工事しています。

 体育館横の景色のよい箇所には300台以上の駐車場も整備され、同じ敷地内にある温水プールと合わせると、浜北のスポーツ施設の中核となるはずです。

110818_0202.jpg

 大変広い現場ですので、工事全体が見渡せる箇所は限られます。隣接する市道平口姥ケ谷線の歩道を登ると、鉄塔横付近が比較的見渡せます。車の脇見運転はしないでください。体育館と温水プールの舗装駐車場は以前と変わりなく使用出来ますので、市道の歩道に出る事もできます。

 この工事によって臨時駐車場の駐車台数が減ってしまったので、工事する駐車場の一部を砕石駐車場として開放もしています。別途発注工事において、管理棟・屋根付スタンド(1000席以上)・屋外トイレ・照明塔が備えられる予定です。

 今後は同時進行の並行作業が増え作業調整が難しくなっていきますが、引き続き安全第一はもとより、環境に考慮した工事によって、地域に貢献できるよう最後まで進めていきます。

担当:土木本部 古山周市

110818_0101.jpg

110818_0102.jpg

 本工事は、東区将監町の六間通りに面していて、アサヒサイクルと言う自転車屋さんの向かいの空き地に店舗を新築するという工事です。またこの工事は、六間道路から敷地内に入るための歩道の改修工事も含んでおり、敷地内と敷地外での工事を同時進行する必要があり、北面歩道を通行する人や自転車のために安全通路を維持しながら作業をどう進めるかを、協力業者と確認を取り合い安全に進めました。

 工期は1月11日から開始し、4月20日に竣工引渡しを行いました。

 建物は鉄骨造平屋建ての事務所兼店舗です。外観はホワイトを基調とした外壁に屋根はハゼ型折半のシルバーを使用しました。内部は基本的に事務所となっているためシンプルに仕上がっています。受付の部分のみ北面の六間道路から内部がよく見えるよう大きな窓を設置してあります。

 今回の現場が一人で管理する初めての現場であり、おさまり等で先輩方に指摘され悪い所に気が付きやり直すということがありました。このような経験を生かしていきたいと思います。

 当現場は、4月20日に引き渡しており、4月25日にオープンしています。レンタカーをご使用の際は是非トヨタレンタリース静岡六間通り店をご利用していただければと思います。

担当:建築本部 進士一樹