平成22年度 市単独事業 平口スポーツ施設整備工事

110818_0201.jpg

 浜松市浜北区平口の総合体育館(グリーンアリーナ)の横に、人工芝仕様のサッカー場と、土舗装の多目的グラウンドを造っています。工事着手前は、砕石敷の臨時駐車場となっていた場所で、体育館での大きなイベントには駐車台数に御不便を掛けてしまっています。

 当現場は、須山建設・中村建設・中村組の共同企業体で請負い、平成25年2月までの契約工期となっています。平成22年8月より造成を開始し、平成23年5月現在では二次造成を施工しながら排水施設・園路整備・防球フェンス等を施工中であり、進捗率は21%となりました。

 交通量の多い平口交差点方向からの工事車輛出入りを避け、安全に配慮して工事しています。

 体育館横の景色のよい箇所には300台以上の駐車場も整備され、同じ敷地内にある温水プールと合わせると、浜北のスポーツ施設の中核となるはずです。

110818_0202.jpg

 大変広い現場ですので、工事全体が見渡せる箇所は限られます。隣接する市道平口姥ケ谷線の歩道を登ると、鉄塔横付近が比較的見渡せます。車の脇見運転はしないでください。体育館と温水プールの舗装駐車場は以前と変わりなく使用出来ますので、市道の歩道に出る事もできます。

 この工事によって臨時駐車場の駐車台数が減ってしまったので、工事する駐車場の一部を砕石駐車場として開放もしています。別途発注工事において、管理棟・屋根付スタンド(1000席以上)・屋外トイレ・照明塔が備えられる予定です。

 今後は同時進行の並行作業が増え作業調整が難しくなっていきますが、引き続き安全第一はもとより、環境に考慮した工事によって、地域に貢献できるよう最後まで進めていきます。

担当:土木本部 古山周市