2012年6月アーカイブ

「みんなの家」基盤整備事業工事

0602-1.jpg
0602-2.jpg「みんなの家」基盤整備事業工事は、場所は浜松市東区有玉南町で、JAとぴあ浜松より西に約300mの位置になります。構造は鉄骨造2階建て、建築面積143.07㎡、延床面積268.30㎡です。

建物の使用用途は、この建物の隣に位置している「みんなの家」に住まう障害者の皆様のための作業場および訓練場となっています。そのため、室内は仕切りが少なく広々とした空間となっており、開口部も多く、晴れの日ならば室内に多くの光が入ってきて室内灯を使わなくても窓から入り込む光だけで十分なほど、室内は明るくなります。

今回の工事は、上に所長がついているとはいえ、入社して一年、初めて見る材料や工法があり、わからないことも多く私自身手探りの状態で工事を進めました。そのため自分が理解できるようになるまで何度も聞き直し、所長及び職人の方と何度も打合せを重ねていきました。

0602-3.jpgおよそ3か月の間、無事故無災害で進めることができ、また忙しい年度末の時期に工程通りに進めてくることができたのも、各協力業者の皆様の努力、そして近隣の皆様のご理解とご協力によるものだと感じております。

現在は社内検査が終わり引渡し前の手直しの工事をしている状況です。引渡しの日まで僅かとなりましたが、危険な作業が少なくなったからといって最後まで気を抜かず、残りの日程を安全作業に努
めていきたいと考えています。

担当:建築本部 桒山知

入野ケアセンター増築工事

0601-1.jpg
当工事は、医療法人社団和恵会様より受注した介護老人保健施設の増築工事です。

浜松市西区入野町の新雄踏街道沿いに位置しています。

工事概要は、鉄骨4階建、建築面積974.62㎡、延床面積2,869.02㎡の80床の病室、厨房設備を備え、一部渡り廊下で既存施設とアクセス出来る介護老人保健施設です。

0601-2.jpg外装は既存施設に合わせ、45二丁掛タイル貼り、内装は不燃化粧板をふんだんに使用し、一見ホテルのような仕上げとなっています。

施工中は、基礎工事での湧水対策、鉄骨工事での建方計画、内装工事での工程管理等、常に気を抜けない中での工事施工でした。

各協力業者の皆さんの協力により、無事契約工期内に竣工することが出来ました事を感謝したいと思います。

担当:建築本部 三澤成隆

はるのケアセンター新築工事

0502-1.jpg
当現場は、医療法人社団光久会様より発注された老人介護保健施設の工事です。

場所は天竜区春野町の旧気田営林署跡地となっていて、周りは山々に囲まれた緑豊かな場所となっています。

この施設は地域からの計画要望も高かったようで、期待されている声を近隣の皆様からよく耳にしました。

建物概要は、内科診療所を併設する60床を備えた老健施設で、鉄骨2階建延べ床面積3400㎡ほどの規模となっています。

建物正面には、営林署時代からある樹齢100年ほどのクロガネモチの木がシンボルツリーとして植えられており、工事中は細心の注意を払いながら作業を行いました。

昨年の8月末より着手し、本年2月29日に無事完成引き渡しを行う事ができました。

携わった皆様の協力により、無事故で竣工を迎えられたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

担当:建築本部 三澤成隆

(株)やまひろ群馬工場 2期増築工事

0501-1.jpg
群馬県伊勢崎市赤堀鹿島町地内の国道50号線沿いにある1期工事を当社で施工した工事の増築工事になります。静岡県森町の関東工場でもお世話になっている(株)やまひろ群馬工場は冷凍麺の製造工場です。今回増築した所は、アイスクリームの製造工場になるそうです。

建物の概要は鉄骨造3階建てで、外壁ALCパネルに吹付け塗装仕上げで中は製造工場と冷凍冷蔵庫・倉庫等の用途の部屋があります。屋上には芝生が敷かれている屋上緑化があります。

0501-2.jpg8月から既存建物の一部の解体工事が始まり、10月から基礎工事、11月21日に鉄骨建て方を開始し、内外装工事を進めてまいりました。工期終了は3月末なのですが、お客様のご要望により、アイスクリームを3月末に出荷できるようにしたいとのこと。別途機械業者による生産機械が搬入できるように、建物も3月上旬には建築・消防検査等を受けなければならず、機械やタンク等が搬入出来るように頑張ってきました。当社の設計施工であるため、鳥山所長にも協力を得て天候不順の中、なんとか間に合わせることができました。 

施工は前橋市、高崎市等の地元の下請け業者に協力をしてもらい昼夜行ってきました。

鉄骨だけは、名古屋支店でも協力してもらっている岐阜県の北川鉄工所から運んできました。

取り合い工事等も含めて、最後まで無事故無災害で完了し、お客様に引渡しができるように竣工を迎えたいと思います。

白陽会 楓 新築工事

0402-1.jpg
浜北区東美薗で工事を行っていた白陽会楓の新築工事が3月10日に完成し、引渡すことができました。 

工事着手は、平成23年10月10 日から行い、約5ヶ月で完成させることが出来ました。

建物は、S造2階建て、外壁はALC下地の上塗装仕上げ、屋根はガルバリウム縦葺き仕上げです。用途は老人介護施設です。

0402-2.jpg施設には29室あり、1室12㎡の広さがあります。大きく3ユニットに分かれ、それぞれに浴室、居間、キッチンがあります。

今回の工事では、2月末や3月10日前後の工期物件が多くあり、作業人員の確保が大変でした。
外装工事から内装仕上げ工事、外構工事に至るまで不足していました。

しかし人員が不足しながらも、携わった皆さんの協力により完成し、工期内に建物を引渡すことが出来た事を感謝したいと思います。

担当:建築本部 佐藤保之

樂天堂整形外科工事

0401-1.jpg
0401-3.jpg浜松市南区下飯田町の国道1号バイパス交差点の東側で工事を行っていました、(仮称)鈴木整形外科様、正式名称「樂天堂整形外科」様の引渡しを2月20日に行いました。

建物はS造2階建て、1階外壁がアイボリーホワイトのサイディング張り、2階がブラックパールの角波サイディング張りとなります。

また玄関廻りでは、ポーチ庇を木質ルーバーで囲い、正面車寄せ花壇ではポーチ庇を突き抜けてシンボルツリーが植え込まれています。

内部では、風除室の木製自動扉を抜けてから、靴を脱ぎそのままスリッパを使わず裸足のまま、診察やリハビリへと移動出来るように床がタイルカーペット敷きになっています。

また腰壁にタモ練付板を張り、木製ドアやカウンター家具等と仕上げの統一もされ、柔らかい印象の仕上げになっています。

0401-2.jpg樂天堂整形外科様をこれから利用される方へのポイントとして、広い駐車スペース(81台駐車可)とリハビリ室が95帖もあり広いスペースでリハビリする事が出来ることがあげられると思います。

平成23年6月初旬より8月初旬まで開発行為に関わる外構工事を行い、8月中旬より建設工事を行いました。

今回の工事を振り返ると、昨年は、台風による屋根工の不足、年末の内装工の不足など色々と世の中が職人不足という状況下の作業でありましたが、各協力会社様の協力により工程通り無事完成できた事を感謝します。

担当:建築本部 鶴木賢一

積志町賃貸マンション新築

0302-1.jpg
当工事は、遠州鉄道積志駅から徒歩5分ほどのところにあり、すぐ裏には線路が走っている直近での賃貸マンション建設です。

施主は、村木誠次様、当社の設計・施工による工事です。本体建物は鉄筋コンクリート造3階建て、全12戸の2LDKの賃貸マンションになっています。

去年の8月中旬に洗車場を解体し、下旬から開発工事を進め、9月中旬から建築本体工事に着手しました。去年の年末に躯体工事が完了し、年明けから内装工事に着手、3月15日に無事引き渡しを行いました。

0302-2.jpg今回の工事は、当社の環境配慮型賃貸マンション、「エコトピアe」という商品になっています。エコトピアeには、損害保険のバックアップによる家賃保証、最長35年の長期家賃保証、収益分配型のサブリース方式を採用しており、従来のサブリースに賃料保証に加え、収益に応じてその収益を家主様に分配還元する高収益型安定経営システムになっています。

鉄筋コンクリート造の現場は初めてという事もあり四苦八苦しながら、進めてきました。また当現場のすぐ裏には遠州鉄道さんの線路が走っており、常に列車が運行している中、遠州鉄道さんと密な打合せを行いながら、重機作業、コンクリート打設等、慎重に作業を進めてきました。

約7ヵ月間無事故、問題なく工程通り進められた事は各協力業者の皆様方、近隣の皆様のご協力によるものだと思っております。ありがとうございました。

担当:建築本部 袴田真伍

都田造成工事

0301-1.jpg
本工事は静岡県企業局により発注された都田工業用地の造成工事です。

工事場所は浜松市北区都田町・大原町地内で東海アーバン開発(株)機材部の跡地を含む17.7haほどある場所です。

工事内容としては、盛土を89000㎥行い工業用地の造成を行いました。

0301-2.jpg都田工業用地造成事業は別途工事業者が調整池、歩道改良、車道改良、用地造成、と分かれ10社程度で施工を行いました。業者数が多く近接して施工し、工事間で土砂の搬入出を行いました。そのため各社の調整が困難でしたが、お互いに連携を取りながら工事を進めることができました。

工事箇所は、旧日本軍の爆弾投下演習場の跡地だったようで工事期間中に不発弾探査も行われました。21年度施工の当社調整池工事では不発弾が見つかったことで工事の遅延があったようですが今回は見つかることがなく工程への影響は微小ですみました。

工事は2月15日に無事竣工を迎えることができました。工事期間中は監理技術者の横山グループ長、品質証明員の三間グループ長、また、たくさんの方に御協力して頂いたことで無事故・無災害で竣工できたことを感謝致します。

担当:土木本部 大石竜督