新校舎「未来館」建設工事

201210_01-01.jpg
浜松市中区松城町に位置する当現場は、学校法人誠心学園様の都市型キャンパス浜松開誠館の新校舎、正式名称「学校法人誠心学園 浜松開誠館中学校・高等学校未来館」として完成しました。8月28日には竣工式が行われ、29日に引渡しを行いました。

当建物は鉄骨造5階建て、既存本館校舎の東側、駐輪場及び駐車場として利用していた敷地に新築しました。

1階を駐輪場、2階には多目的利用が可能な大教室「サクセスルーム」と小教室「セミナールーム」、3階から5階にはクラスルームが配置され、本館校舎とは3階のエントランスによって接続されています。また2本のシンボルツリーが印象的な緑豊かな外構は、浜松開誠館の新しい顔となります。

「未来館」は誠心学園様の教育方針である「未来を育む教育」に由来し、理念である「学校は楽しく学ぶ場」をコンセプトとし、全体的に明るく華やかな雰囲気に仕上がりました。また内装は白を基調に、色鮮やかなステンドグラスやタイル床の模様などによって、色彩豊かな空間となっています。

今回の工事は、今年入社した自分には初めての現場であり、鶴木賢一所長と袴田真伍さんの下、基礎工事から竣工・引渡しに至るまで携わることができ、大変良い経験となりました。

また平成24年2月初旬の既存駐輪場の解体から8月末の完成まで、約7ヶ月間という限られた工期の中、無事故無災害かつ工程通りに進められたことは、誠心学園様、近隣の皆様のご理解とご協力をはじめ、各協力業者様のご尽力、ご協力によるものと感謝しております。

担当:建築本部 袴田啓紀