桐光学院 芝本校新築工事

201210_02-01.jpg
201210_02-02.jpgこの現場は、鉄骨造2階建て、延床面積が168.53㎡の塾校舎の新築工事です。工事現場周辺には住宅地や新東名高速道路があり、朝と夕方は小中学生の通学や車の往来が多くなります。そのため、第三者との事故を起こさないように各作業員に徐行を徹底させる等をして注意して作業しました。特に、コンクリート打設、鉄骨材等搬入がある際は搬入時間の調整等をして出来る限り現場の朝と夕方の出入りを減らして危険をなくす様にしました。また、隣の家との距離が近いため、騒音や土埃がたたないように気をつけながら作業を進めていきました。土工事や、外構工事で敷地の際での作業は第三者災害や建物との接触による損傷が起きやすいため、注意しながらの作業でした。現場の作業状況は近隣の方から見えやすいので、不安感や心配を与えないように注意し、鉄骨工事の際は、レッカー作業で重量物を吊りあげるため、常に作業状況を確認して危険作業にならないようにしました。

今回の工事は、現場に在駐している職員が自分ひとりだったため、職人に迷惑をかけることも多々ありました。ですが、近隣の方や、職人の協力のおかげで工事を事故なく無事に終わらせる事が出来ました。ご協力ありがとうございました。

担当:建築本部 大久保秀樹