とぴあ浜松富塚支店建設工事

201210_04-01.jpg
舘山寺街道を西進しながら、富塚中学校を越した変則交差点の北に、とぴあ浜松農業協同組合富塚支店があります。

今回は、既存店舗の東駐車場に、新店舗を建設して、引っ越し後に旧店舗を解体、その場所に来客駐車場を作るという工事内容です。

狭小の敷地で建物が一杯に建つ事、近隣に小中学校が有る為、多数の生徒児童が通学する地区という事で、第三者災害を絶対起さないをメインテーマに取組んでいます。

現在は、新店舗が7月末にオープンし、旧店舗の解体が終わって、外構工事が最盛期となっています。新店舗について、少し概略を説明しますが、外壁は1階が御影石、2階部分が大型タイル張りで、荘厳な雰囲気となっています。また、店舗の内部はタイルや化粧合板仕上げですが、天井高が3~4mと大きな空間を構成していることも有り、天井壁仕上げ材の高級感が引き立っています。

また、今回の大きな特徴が2点あります。先ず、南面勾配屋根に発電量5.5kwのソーラーパネルが設置されている事。次にロビーの一角に瞬間調光ガラスの間仕切りを設けたことです。これは電源の切替スイッチにより曇ガラスが瞬時に透明ガラスになるといったすぐれものです。使用方法は、普段は透明のままで、来客が見えた時に、その一角を曇りにしてスクリーン効果を出すというものです。百聞は一見に・・・とも言われますので、機会が有りましたら、ぜひご覧ください。

只今は、外構工事中で、10月中旬に完成引渡しの予定で推移しています。その後、様々な別途業者が入り、グランドオープンが11月5日となっていますので、今後も無事故無災害で無事竣工を迎えるべく励んでいく所存です。

担当:建築本部 落合照美