いなさ愛光園 ユニット化改修工事

201304_04-01.jpg
 本工事は社会福祉法人聖隷福祉事業団理事長 山本博敏様の発注で、浜松市北区引佐町東黒田のいなさ愛光園の増改築工事となります。

 平成24年10月1日から平成25年3月15日までの工期で増築棟を3棟先行して完成させ、その後入所者の方に移動して頂きながら既存内部を3工区に分けて改修するという内容でした。県の補助金の関係で、年度内の作業完了が絶対条件となっており、増築部を完了し諸検査を受け、部分使用の開始を1月15日としないと最終工区が間に合わないというスケジュールの中で作業を行いました。

 増築部分は既存の庭の部分で、資材、機材の搬入路を作成する事から始まり、使用している既設埋設管の迂回を随時行いながら慎重に作業を進めました。特にお年寄りのいる施設なので、騒音、振動に気を使い、施設と打合せを行いながら作業調整し進めました。

201304_04-02.jpg 内部の改修においても、1工区約2週間の短い間隔で作業を行いました。こちらもスプリンクラー設備を生かしたままの作業であったり、仮間仕切りのすぐ横では入所者さんが食事をしていたり等で、騒音、振動、ホコリなどに気を使いながらの作業でした。

 3月15日に無事完成引渡しをすることができ、指導助言頂きました内山グループ長をはじめ、日曜日や年末年始にも作業してくれた協力業者の方々には大変感謝しています。

担当:建築本部 清水隆征