二級河川東神田川 下部工事

201310_02-03.jpg
201310_02-01.jpg 当現場は浜松市西区神ヶ谷町にある二級河川東神田川の河川改修工事で、昨年以前から続く改修工事の続きとなっており、今回は山乃神橋の川幅拡幅に伴う橋梁・護岸の改修工事です。昨今の局所的な大雨の多発による浸水被害の軽減を図る河川整備・維持管理を目的としています。

 工期は平成25年1月24日から9月31日までで、山乃神橋橋台1基、右岸護岸工32mの工事となります。

 この河川の特色として、雨が降ると上流側にある自衛隊浜松基地からの放流も重なり短時間で水位が1m程上昇してしまうため、河川の切回し計画を念密に行いました。河川工事を担当することが初めての経験であったため、何に気をつけなければならないのかなど多くの面で失敗をしてしまい、学ぶことの多い現場でした。

201310_02-02.jpg 現在は、全ての工事がほぼ終了し、残すところは場内整備となっております。工事施工期間が河川の出水期ということもあり、水害が懸念される中で無事故・無災害で現場を終えることができました。この工事に携わった皆様の御協力により、無事に迎えられたことに深く感謝申し上げます。(監理技術者 山下喜仁、現場代理人 竹内陽介)


担当:土木本部 竹内 陽介