浜松中央長上苑新築工事

201409_01-01.jpg
 浜松中央長上苑は社会福祉法人七恵会理事長増田眞澄様より発注された老人福祉施設で、株式会社鈴木組とのJVで受注した建物です。工事場所は浜松市中区中島2丁目地内馬込川沿いにあります。

 工期は平成25年7月19日~平成26年3月31日で、工期が短い状況でしたが、各協力会社の大きな努力のおかげで、工期内に無事に引渡すことができました。

201409_01-02.jpg 工事概要は、鉄骨造の5階建てで建築面積が2069㎡、延床面積が7929㎡です。建物は1階に受付、デイサービスの他に、地域交流ホールなどがあり、近隣住民や入所者同士が交流を行える場となっています。2階から4階には、各階に入所された方が大勢で体操ができるほどの大きなホールを備える他、10居室のユニットが10あり、ショートステイを含めて、100名が入所できます。居室ユニットは自宅にいるような落ち着いた色彩を使用し、廊下などは広く、和室コーナーもあり、開放感のある内装です。

 現場は浜松市の中心に近いにもかかわらず、周囲は静かな住宅地であり、騒音対策、埃対策や工事車両や材料の搬入計画等、近隣の皆様に迷惑をかけないように細心の注意をはらい施工しました。また安全第一を心がけたおかげで、重大災害につながることなく無事に作業を終えることができました。工事に携わった多くの皆様の協力により完成し、お客様に喜んで頂ける建物が出来たことを感謝したいと思います。

担当:建築本部 島沢 翔哉