~お施主様に聞く~ 舘山寺サゴーロイヤルホテルロビーおよび大浴場改修

201411_01-01.jpg
   浜名湖畔に位置し、浜名湖の絶景が一望できる舘山寺サゴーロイヤルホテルは国内外の多くの観光客に利用されている湖畔のリゾート温泉旅館です。
 今回はホテルの顔であるフロントロビーと大浴場の改装工事を中村建設が請け負いました。改装としては平成元年(1989年)以来の大きな規模となります。工事に至った経緯や展望などをサゴーエンタプライズ株式会社代表取締役社長  小野晃司様に伺いました。

●5日間という工期の中でできること

 「浜名湖花博2014の閉幕に併せて従業員の休養も兼ねた休館日を設けることになり、その期間にできる改装プランを設計士と練って行きました。」小野社長がまず着目したのは省エネ。エントランスロビーの照明を全面的に見直し、すべての電球をLED化。同時に売店のレイアウトを改装、スタッフの省力化とお客様の利便性を向上させました。「365日常に稼働しているフロントロビーはホテルの顔であると同時に、光熱費の削減が非常に難しい場所。またなかなか思い切った改装ができません。しかし前回の改装から20年、デザイン的にも現代に見合わなくなっていたことは確かでした。照明を中心に見直すことで、省エネとイメージのリニューアルができました。」と話してくださいました。社長自ら「ジャパネスク」というテーマを提案したというデザインイメージは、「海外旅行通の方が感じる日本」を意識したとのこと。消費電力の大幅な削減も実現しました。
 また、今回は10階大浴場を一部露天風呂に改装しました。「当ホテルには地上40メートルの屋上にパノラマ露天風呂『飛天』がありますが、女性のお客様のご要望に応える形で、10階展望大浴場にも露天風呂を設けました。今回どうしてもやりたかった改装です。評判も上々で、大変満足しています。」と小野社長。
 中村建設の施工については「短い工期という厳しい条件の中、工事の目的を理解した上で確実に仕上げていただいたことにプロ意識を感じました。」と締めくくっていただきました。


舘山寺サゴーロイヤルホテル  0120-35-1540
浜松市西区舘山寺町3302
www.3535.co.jp/royal/