(株)蔦木本社工場増築工事

201411_05-01.jpg
201411_05-02.jpg (株)蔦木本社工場増築工事(第三期工事)を7月に無事に終えることが出来ました。本工事は、操業中の既存工場への製品搬出入用車両動線上に新たに工場を増築し、既存工場を拡張する工事です。増築工場は、鉄骨造平屋建て、床面積は1053.5㎡の工場です。

 (株)蔦木様は、多種多様な製造業界の方々へ産業用機械装置の大型フレーム等の製缶、溶接、機械加工などご要望に応じた製品を提供されている会社です。自社工場で設計から納品まで一貫生産することにより、高い技術力で製造し優れた品質を保つことを会社のコンセプトとされています。今回の増築工事により、より大きな生産能力を確保することを要望されました。

 工事に当たっては、工場営業日は常に搬出入車両動線を生かす必要があり、常に工場の状況・車両を最優先に工事を行うことが求められました。

 基礎工事においては、工区ごとに車両動線を変化させるよう計画し、常に車両動線を確保した中で並行して基礎工事を進めることが出来るよう工夫しました。また、鉄骨建方においても資材搬入・楊重重機を綿密に計画し、工場への影響が最小限になるよう努めました。

 難しい工事環境ではありましたが、協力業者様のご尽力により遅延することなく無事故無災害でお引渡しを迎える事になりました。お客様に喜んでいただける建物が出来たことをこの場をかりてお礼申し上げます。

担当:建築本部 嶋 俊輔