雄踏学校給食センター改修工事

201505_04-01.jpg
 平成26年度浜松市雄踏学校給食センター改修工事(建築工事)を2月に無事に終えることが出来ました。本工事は、浜松市発注の小学校給食センターの内部・外壁改修工事になります。厨房生産能力を1,800食から3,000食に増設し、現在の保健所基準を満たす仕様にするための厨房改修工事になります。また、それに付随して老朽化に伴う外壁改修工事を行いました。

201505_04-02.jpg 今回の工事は浜松市から電気・設備工事が別途発注となっていました。その中でボリューム・金額的にも設備、厨房がメインになっており、各業者との打合せ、現場での調整を綿密に行う必要がありました。

 内部の土間コンクリートを撤去し電気・設備の埋設配管を施工する工事では、エリアを3工区に分割し、奥から順番に解体工事・配管工事・土間下砕石敷きを行うことで埋設配管を傷めず掘削土・砕石材をいかに効率よく運搬・転用するかを計画しました。

 また内部天井裏の電気・設備工事と軽量鉄骨下地の吊ボルト設置においては、仮設棚足場をダクト高さ・配管位置等を考慮し、安全性を確保し且つ効率よく各社が使用できるように工夫しました。

 限られた工期の中、難しい工事環境ではありましたが、協力業者様のご尽力により遅延することなく無事故無災害でお引渡しを迎える事になりました。お客様に喜んでいただける建物が工期内に出来たことをこの場を借りてお礼申し上げます。

担当:建築本部 嶋 俊輔