国道152号鳥羽山隧道道路維持修繕工事

201610_02-01.jpg
 本工事は、浜松市発注のトンネル補修工事です。工事箇所は、国道152号線の浜北と天竜をつなぐ鳥羽山隧道です。全長が150mあり、その内の20mを補修しました。工事内容は線導水工144m・ひび割れ注入工26m・不陸整正工190㎡・FRPメッシュ取付工190㎡・鋼板当て板工80㎡・吹付モルタル撤去136㎡・照明施設工一式です。

 当初トンネル覆工面のはく落しそうな吹付モルタルを取り壊して覆工面を鋼板で覆う工法が採用されていました。しかしこの工法では鋼板で覆われた部分は今後の定期点検による目視・打音・触診検査ができません。そのため発注者・設計コンサル・当社の3社による工事監理連絡会を開催して、工事内容を再検討し変更しました。

201610_02-02.jpg 施工は、夜間にて鹿島橋から通行止め規制をかけて行いました。トンネル工事も補修工事も初めてでしたし、施工方法・管理方法が共通仕様書に記載されていないため、最初は戸惑いを感じました。上司や協力業者さんのアドバイスにより他の管理指針や要領書を参考にし現場を管理しました。東海シーエス工事株式会社様、株式会社五十嵐組様をはじめ、関係各社には大変な御苦労をおかけしました。

    金田G長と2人で管理した工事は地域住民の方々、日々鳥羽山隧道を利用されていた方々にご理解とご協力を頂き、無事故で無事竣工できました。関係者皆様に厚く御礼申しあげます。

担当:土木本部 松田 直樹