2017年1月アーカイブ

201701_04-01.jpg
201701_04-02.jpg 当工事は、古くからのお客様である、豊田市の石川昭夫様発注の工事で、豊田市土橋の土地区画整理地内での鉄筋コンクリート造4階建、全16戸(1フロアー4戸)のワンルームマンションです。

 豊田市土橋土地区画整理地は、東名豊田ICから車で5分程度の場所で、名鉄三河線・土橋駅を中心として開発が進んでおり、我々の工事の周りでも、店舗付戸建て住宅や、事務所ビルといった工事が行われています。

201701_04-03.jpg 今回のマンションはトヨタ自動車関連の企業等に勤められる単身者を中心とした方が入居者層ではないかと予想されます。

 工事は、昨年5月のGW明けから着工し、9月初旬に躯体上棟、10月中旬から下旬に足場解体、その後外構工事を経て、11月25日に御引き渡しをしました。無事竣工できたことを協力業者の方々に感謝します。早い方で12月初旬から入居開始ということです。

担当:名古屋支店 高橋 信成

辰巳屋興業株式会社 静岡営業所新築工事

201701_03-01.jpg
 本工事は、辰巳屋興業株式会社様が発注しNTTファシリティーズ様の施工協力という立場で工事を行いました。工事場所は静岡市駿河区池田のJR東海道線に隣接した所です。

 建物概要は、鉄骨造地上3階建、敷地面積462.51㎡、建築面積270.28㎡、延べ床面積 764.44㎡で、1階は事務所・倉庫、2階は倉庫・更衣室、3階は倉庫・会議室となっております。

201701_03-02.jpg 辰巳屋興業様からは発注金額内に抑えつつ、工期内に竣工して欲しいという要望がありました。しかし、地盤調査時点で隣地から油が漏れており、土の入れ変え、遮水壁の設置などの工事が発生したため着工が遅れる事態が起き、工程をつめて行う必要が出てきました。そこでVE提案として、倉庫内の石膏ボードEP塗装を灰色石膏ボードに変更し塗装手間をなくしたり、腰壁の難燃ラワン合板の中止など様々な提案をしながら工事を進めていきました。

 今回の工事は私にとっては初めての現場代理人として行った現場になりました。上司や先輩、設計・管理のNTTファシリティーズの皆様のご協力や沢山のご指導もあり竣工を迎えることができました。入社して4年目でまだまだ分からないことが多いですが、今回の経験は必ず次回に活きると信じ、これからもより良い建物を作っていきたいと思います。

担当:建築本部 村松 涼

公共災害復旧工事 大浜地区海岸

201701_02-01.jpg
 当工事は、福島県相馬市の太平洋海岸沿いにあり、平成23年3月11日に起きた東日本大震災により破壊された、海岸堤防を4年かけて復旧するという大規模な工事です。

 工事区間は12、13工区と2つに分かれており、12工区が川崎、稲垣、13工区が松井透、鈴木健介のメンバーで日々管理を行っています。両工区とも、約15万㎡の大型盛土を施工した後に、コンクリート二次製品にて海岸堤防を復旧していく工事です。

 12工区は、施工延長が880m、海側法長12m、山側法長7mの海岸堤防を復旧する構造で、13工区は施工延長が760m、山側の護岸は12工区と同じ構造です。海側については異なり、既設で使用可能な護岸ブロックをそのまま利用して復旧する工事で、更に線形がSの字になっているため、大浜海岸の堤防復旧工事の中で一番難しい施工箇所です。昨年11月末で12工区が84%、13工区が95%完成し、両工区とも現場は現在ピークの真っ只中です。

 福島県の工事では、震災により今までにない膨大な数の現場があり、事故・災害も非常に多いので、工事完成に向けて最後まで気を引き締めて、安全第一で現場を進めていきます。

 最後に協力業者の皆様には、県外からの出張や、長い通勤時間をかけて現場に来ていただき、深く深く感謝しております。

担当:土木本部 松井 透/川崎 欣司

公共災害復旧工事 百間橋河川交付工事

201701_01-01.jpg
 本工事は、福島県相馬市和田地内の市道日下石石上線の宇多川及び小泉川に架かる「百間橋」が大型車両規制のある橋のため、同じ場所に通行可能な橋を架け替える工事で、3段階に分けての工事計画のうち1段階目の上部工撤去工事です。

 橋梁の、主桁が非常に重いのと作業半径の関係で150tクローラクレーンの計画になっていました。しかし、現場内には水田と2本の河川があるため、工事用通路及び橋を撤去した際に部材を解体する施工場所を確保する必要がありました。

 そのため各河川に仮桟橋と施工ヤード・工事用通路確保のために、1万㎡を越える盛土を行いました。

 盛土施工にあたり、本工事では、新技術の情報化施工による施工管理を実施しました。衛星からの通信システムを用いたICT建機が事前に入力した起工測量データに沿って盛土の敷均し高さ、法面の勾配、施工位置を自動制御で管理を行い施工しました。これにより、従来の盛土前に行う丁張設置作業が不要となり工期が短縮されました。また、重機の自動制御による作業の効率や安定した品質確保につなげることができました。

 橋梁解体作業時は、危険要素が多くありましたが、綿密な打合せや協力業者からの改善提案により工程に余裕を持って工事を終えることが出来ました。元請の小野建設様を始め、協力会社の安全に対する協力・意識のおかげだと痛感しております。この場をお借りして、本工事に携わった全ての皆様に厚くお礼申し上げます。

担当:土木本部 松浦 宏/山崎 達哉