浜松中央長上苑 増築工事

201705_03-01.jpg
 本浜松中央長上苑は社会福祉法人七恵会様発注の老人福祉施設で、平成26年3月に竣工しました。今回も前回と同様、株式会社鈴木組とのJVで受注した物件です。

 今回の増築工事は、5階の一部を増築、4階の一部を改修し、10居室のユニットを4つ増やし、140名が入所できる施設としました。

201705_03-02.jpg 当初の計画では、5階増築工事を先行して施工し、仮使用申請後3階入所者は5階へ引越し、3階の天井を解体し配管接続工事をする計画でしたが、入所者の負担を考慮して配管作業の見直しを行い、3階天井内で配管接続をするように計画変更をしました。そのため引越しをすることなく工事を進めることができました。3階天井内作業は細かく工区分けを行い、5階増築、4階改修工事と並行して作業をしました。また、床の斫り作業は入所者の食事の時間、隣接する保育園のお昼寝の時間を考慮し、1日あたりの作業範囲を施設担当者と調整し進めていきました。

 今回の増築工事は入所者の生活する中での工事で不安な面がたくさんありましたが、七恵会職員の皆さま、設計事務所のご協力により無事故でスムーズに工事を進めることができ、お施主様に喜んで頂ける建物が出来たことを感謝したいと思います。また、作業時間や音の制約のあるなかで工事を進めることが出来たのは各協力業者のご尽力によるものと感謝しています。

担当:建築本部 平野 貴久