みをつくし直虎桟橋 整備工事

201705_06-01.jpg
 平成29年1月より浜松市北区の引佐町井伊谷を舞台としたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送がスタートしました。それに伴い天竜浜名湖鉄道気賀駅に隣接している、みをつくし文化センターは大河ドラマ館に生まれ変わり連日多くの観光客が訪れています。大河ドラマ館と気賀関所周辺には、市内外から多くの観光客が来訪される事は事前に予想され、遊覧船を運航する事で渋滞緩和や地域振興につなげる船着場の設置が望まれました。

 今回の事業は、ヤマハ発動機株式会社様より提供して頂いた浮桟橋と静岡県浜松土木事務所と浜松市役所が護岸や周辺の整備を行なったインフラに、NPO法人浜名湖観光地域づくり協議会や船事業者がオペレーションを行なう文字通り官民連携によるものです。

 工事自体は小規模でしたが、施工内容は板柵護岸、浮桟橋設置、階段設置など多くの工種が含まれていました。特別な事は、施工が現場合わせによるものでしたので、複数の発注者からそれぞれの施工内容について意見を聞き、それを基に調整決定していくことでした。また、運航開始日が決まっていたため、絶対に遅延は許されないというプレッシャーもありました。

 直虎舟運は3月25日(土)から運航が開始されました。今回の運航は大きく次の3つのコースを予定しております。1つ目は今回施工した「みをつくし直虎桟橋」と舘山寺温泉を結ぶシャトル船、2つ目は「みをつくし直虎桟橋」を発着とした遊覧船です。3つ目は計画調整中ですが、「みをつくし直虎桟橋」と「東名高速浜名湖SA」を結ぶルートです。これら奥浜名湖エリアには桜の名所が多数あり、春には花見クルーズを楽しむことができます。運航は大河ドラマ館の開館されている平成30年1月中旬までを予定されておりますのでぜひ一度お越しいただき、ご乗船ください。

担当:土木本部 鈴木 航