2010年5月アーカイブ

しずおか未来の森サポーター活動

平成22年5月22日(土)オイスカ高等学校林において、静岡未来の森サポーター活動を実施いたしました。
中村建設および関連会社社員約30名が参加し、山道を造る為に間伐材を利用して杭や土留め用に加工する作業を行いました。急な斜面での慣れない作業でしたが誰しも達成感があり、森の保全のため継続して実施していきたいと思います。

※この活動は平成22年度春の森づくり県民大作戦に協賛しております。

mori100525_01.JPG
mori100525_02.JPG












オイスカ技能実習生修了式が開催されました

oisuka100515_01.JPG
5月15日(土)午前10時から、浜松商工会議所マイカホールにおいて、第4回オイスカ技能実習生修了式が開催されました。当社において技能実習をしていたマレーシア技能実習生5名も無事に実習を終えて修了式に臨むことができました。
5名の実習生は「我々の道」というテーマで、日本において学んだことをパワーポイントを駆使して修了式で発表しました。


oisuka100515_03.JPG
受入企業の代表として当社の竹村専務が、技能実習生に対して技能実習修了のお祝いと帰国後の活躍に対して激励の言葉を述べました。







oisuka100515_02.JPG
oisuka100515_04.JPG

iwareki100517_01.JPG   iwareki100517_02.JPG
5月14日(金)、マラ公団のダト・イブ・ラヒム理事長が、技能実習生受入企業視察のため磐田瀝青舗材共同企業体(通称イワレキ)に来社されました。
現在イワレキで実習中の技能実習生ラフィー君の激励と、アスファルト舗装の材料、特に透水性舗装のアスファルト合材に関して興味を示されていました。
短い時間でしたが、技能実習生のタイヤショベルの操作についても実際に見てお帰りになりました。
homon100517_01.JPG   homon100517_02.JPG
4月22日(木)、アブドゥラマレーシア前首相が当社に来社されました。
これは、財団法人オイスカを通して当社がマレーシアから技能実習生の受入をしており、前首相は技能実習生を激励するために来社されました。
当日は、5名の技能実習生から3年間の技能実習の成果発表があり、アブドゥラ前首相も実習生の発表内容に対して大変喜んでいらっしゃいました。
当社の社長からもアブドゥラ前首相に対して、今後も技能実習生の受入を継続していく旨の話がありました。

第15回 道路里親活動に参加しました

sat_NPO100508_1.jpgsat_NPO100508_2.jpg
NPO法人地域環境と自然を愛する会主催による15回道路里親活動に参加しました。
中村建設社員と周辺企業、地域の皆様をあわせて約100名で柳通の中沢交差点から助信交差点の間のゴミ拾い・除草をおこない1時間で約2立米のゴミ・草を集めることができました。
15回目ともなると投げ捨てゴミが減ってきており、環境意識も高まってきているように感じます。