高橋邸改修工事

20210123_04-01.jpg
20210123_04-02.jpg 当物件は、重量鉄骨物件を購入されたお客様が、浜松で重量鉄骨造住宅なら中村建設ということでお問い合わせをいただき受注した物件で、元施工は当社ではありませんが、当社が得意とする重量鉄骨造のリフォームです。

 重量鉄骨造の特性を活かし、間仕切り壁を外したり、水廻りを交換したりとリフォームとしては大がかりな工事となりました。良いところは残し、劣化している部分は取り替えるということになります。

 躯体である鉄骨においては、錆止め塗装などの補修を行う程度で十分な状態でした。

 お施主様に一番求められた部分は、外壁のシーリングです。過去に住まわれていた方が何度か防水改修をしていた痕跡がありました。というのも、当時雨漏りをしていたからです。

 現在は雨漏りしていませんでしたが、これから住まわれるお客様としては防水性が大変重要なポイントという事で、外部足場を掛けた際には目地部分や屋上ドレンなど隅々までチェックを行いました。

 住宅産業市場では空き家問題も抱えており、今後リフォーム工事が増えていくと思われます。我々もゼネコンの技術者として、一般工務店では困難な物件の施工や、お客様に喜ばれる提案を行っていきたいと思います。

担当:住宅事業部 加茂 潤之

北陸新幹線・柿原トンネル整備工事を終えて

20210123_03-01.jpg
 北陸新幹線は、現在金沢から敦賀間125kmが建設中で、2023年春に開業予定です。柿原トンエル整備工事は、前田建設工業株式会社を中心に3社JVにて構成されており、2018年3月より2020年11月までの2年9か月間の長期にわたり、1次協力業者として従事しました。

20210123_03-02.jpg 主に、トンネル掘削後の底版部分の鉄筋コンクリート工事(インバート)側面からアーチ部分の鉄筋工事(アーチ鉄筋)トンネル出入口にて、新幹線が高速走行するため空気圧で爆発音の発生を抑制するための穴が開いたBOXカルバート(緩衝工)を施工しました。

 乗込み当時、記録的な大雪にて現場確認が出来ず、社内でもトンネル工事を施工した経験が少なく、不安しかありませんでした。

 元々福井県内は慢性的な人手不足もあり、各地の協力業者に出張して頂き、途中、不休労災こそありましたが、最盛期には100人を超す職人さんが集まり多工種工事を施工しました。須山典昭さんが緩衝工を施工管理し、本社からは若手社員の協力もありました。

 今年10月に前田建設関西支店様より安全功労賞を頂けたのは、関係した方々のよい人間関係があったからだと痛感しています。大変ありがとうございました。

 今後もコミュニケーションを大切にし、次の現場でも無事故・無災害を目指したいと思います。

担当:名古屋支店 稲垣 宗治

竜洋海岸離岸堤嵩下げ工事

20210123_02-01.jpg
 本工事は、竜洋海岸に設置された離岸堤という海岸の構造物を一部撤去する工事です。離岸堤とは波等により砂浜が浸食されるのを防ぐ効果と、砂の堆積を促す効果を持った海岸保安施設です。

 今回施工対象の3号離岸堤は設置されてから30年以上経過しており、既に十分な砂浜が形成されています。本工事ではこの離岸堤の一部を撤去するのですが、将来的には他の浸食されている海岸へ移動させ、その海岸の浸食を防ぐことが目的です。

 施工対象である3号離岸堤は、25t級の消波ブロックで築造されており、この内全体の約3分の2の170個を撤去しました。

 施工手順としては敷鉄板を使用して仮設道路、クレーン組立ヤードの造成を行い、消波ブロック撤去のために90t級クローラクレーンと350t級クローラクレーンを組み立てました。撤去では潜水士による玉掛作業でブロックを一個ずつ慎重に撤去していき、撤去後はトレーラーにて指定の場所まで運搬、仮置きしました。

 海岸での作業になるため波浪、風等の影響を大きく受けます。当初の施工時期は夏場等の台風の影響を受けやすい時期でしたが、施工時期を10月後半にし、影響の受けにくい時期を選定しました。また、消波ブロックは波等により損傷している物が多くみられ、作業中に破損する危険性もありました。そのため、吊り作業を慎重に行う他ワイヤー等の日常点検等、基本的事項を徹底しました。幸い天候による影響を受けることもなく、無事故無災害で無事に工事を終えることができました。

 釣りが趣味の私ですが、学生の頃は気にも留めていなかった離岸堤が、海岸浸食防止の面でとても重要な役割をしていることを実感し、公共施設の重要性を改めて感じました。

 公共工事に携われる事に誇りを持ちこれからも仕事を頑張っていきます。

担当:土木本部 杉山 蓮

馬込川浚渫工事

20210123_01-01.jpg
 近年、突発的な豪雨や台風等で各地で河川の氾濫、家屋の浸水等の被害が多発しています。本工事は浚渫(しゅんせつ)と言い、川底に溜まった土砂を取り除くことで、大雨等による増水時、河川の水位上昇を抑制し、河川の氾濫、家屋の浸水等を防止することを目的とした洪水対策の工事です。

 本工事の施工対象は2級河川馬込川であり、その内、遠州灘河口から約2kmの南区江之島町の場所にて約15000㎡メートル程度浚渫を行いました。

 馬込川は河川の幅が場所によって80m程度あり、通常の掘削機械では近付くことができません。そのため本工事では組立式のバックホウ台船にて浚渫し、組立式の土運搬船にて浚渫作業を行いました。

 工事を行う上での大きな課題として、工事範囲が全て水上、水中であったため、施工場所に容易に近付けない、見えない等の問題があり、普段陸上工事で行う施工管理の手法を使うことができない点がありました。

 課題に対して、中村建設では初めての取り組みである河川浚渫工のICT技術を採用しました。採用した結果、日々の測量作業が簡素化され、浚渫箇所の見える化をすることができ、工事をスムーズに進めることができました。

 河川浚渫工のICT技術活用事例は全国的に実例が少なく、私自身も3次元設計データの作成から施工、出来形管理の出力まで本工事で初めて行いました。非常にいい経験となり、これからの現場管理の手法について視野が広まったように感じています。

 発注者である浜松土木事務所様からも高評価をいただき、工事も無事終えることができました。これも本工事に携わっていただいた協力業者、関係者の方の協力あってのことだと感じています。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

担当:土木本部 岡部 竜典

令和元年度1号島田金谷整備工事

20201111_04-01.jpg
20201111_04-02.jpg 本工事は、国土交通省発注の国道1号島田金谷BP4車線化のための橋梁下部工事及び新大井川橋・基線の橋梁上部工事のための瀬替え工事です。大井川の瀬替え工事は、上部工事を控えているため大型土のうの設置作業が1カ月、撤去作業が半月と非常に厳しい工程でした。

 大井川の瀬替え工事中には台風19号が直撃し施工途中で被災に遭ってしまいましたが、ICT施工を行っていたため、復旧作業も効率よく行うことができ、ほぼ当初の工程通り完了することができました。

 河川内工事終了後は、橋脚工と既設橋台の補強工事を行いました。橋脚工では、冬季施工のためコンクリート養生に重点をおきました。橋台補強については、設計内容と現場不一致があり、工程通りに作業が進まず3橋台の補強工事がほぼ同時期での施工となってしまいました。そのため各協力業者との工程調整に加え梅雨が重なり、工事終盤は非常に工程管理が大変でした。

 今回、協議事項や追加変更も多く、経験したことのない工種も多い中、無事故・無災害で完成を迎えることができました。また、協力業者の方々には厳しい工程の中、ご協力いただき感謝いたします。

担当:土木本部 清水 颯夢

伊目マリーナ浚渫工事

20201111_03-01.jpg
 本工事は、伊目公共マリーナを利用する人が安全に航路を航行できる水深を確保するための工事です。伊目マリーナの航路は、航路と直角に都田川が流れているため、徐々に川から流れてくる土砂が航路に堆積してしまい、干潮になった時に船が座礁してしまうことがありました。

 施工対象である航路の浚渫は、堆積した土砂をクラムシェルというクレーンを搭載した作業船ですくい、土運船という土砂を運ぶ船に載せて浜名湖に架かる東名高速道路の橋の南側まで運び、土砂を放つ作業です。この橋の下の水深は10m以上あり、この方法で約5000・メートル浚渫を行いました。

 本工事は、海上作業であるため天候、風の強さを見て作業を判断します。強風や豪雨の時は作業を中止しました。マリーナ利用者ともコミュニケーションをとり、最後までトラブルもなく、無事に工事を竣工することができました。

 また工事期間中である8月31日に伊目小学校の5・6年生を対象に現場見学会を行いました。屋内では浚渫工事をなぜ行うのか、浜名湖の干潮満潮の説明をし、屋外では、現場で船に乗り実際浚渫工事をしているところを近くまで行って見学してもらいました。伊目小学校の近くで工事をしているため興味をもってくれる子も多く、この見学会をきっかけに少しでも建設業に興味をもってもらえたら嬉しいです。この見学会は新聞記事にも掲載され大好評でした。

 私はこの浚渫工事を行うことで、伊目マリーナ利用者の人と話す機会が多くあり、地域の人の役に立てたのではないかと思います。航路を浚渫することで航行しやすくなったため、私も工事が終わってから船に乗るのが楽しみです。

担当:土木本部 福田 和世
20201111_02-01.jpg
 当現場は大和エンジニヤリング株式会社様より受注頂いた新築工事です。工事場所は浜松市東区中野町で浜松インターに近く物流にとても便の良い場所です。

20201111_02-02.jpg 工事概要は鉄骨造2階建て、敷地面積248.19㎡、建築面積938.64㎡、延べ床面積1100.44㎡で、作業エリアは平屋で内部に2台のホイストクレーンを設置した大空間で、事務所エリアは2階建ての建物です。工期は令和1年9月20日から令和2年7月15日で、皆様のご協力により工程通り竣工・引渡しを完了する事ができました。

 今回作業エリアの仕上げを鉄骨錆止め塗装のままで仕上げるVE案を決定して頂いたので、これを品質良く仕上げる事を特に注意しました。また、お客様要望であった中2階の取り外し手摺の形状を協力業者各社と検討し満足いただける物が完成したと思っております。

 今回のような大空間を有した建物は体育館等で経験していましたが、監理者様・協力業者様のご指導、ご協力を頂きいつも以上にスムーズに工事が出来ました。ありがとうございました。

担当:建築本部 和田 航介

ルートイングランティア東海新築工事

20201111_01-01.jpg
 当工事は東海市民病院の広大な敷地の跡地に建設された工事です。
 本工事名称は従来と違い「ルートイングランティア」という名称で、ルートインホテルズの中で、ビジネスと観光を兼ね備えたブランドです。従来より高度な施工技術が求められ、我社においては挑戦する意気込みで受注しました。

 建物は3棟とも鉄骨造にて9階建のホテル棟と2階建の温浴棟と2層式の立駐棟からなります。ホテル棟は1階はロビー、レストラン、宴会場など、2階から9階は客室で計212室となっています。

20201111_01-02.jpg 温浴棟は1階に脱衣室、浴室は3種類の浴槽、サウナ室、露天風呂があり、2階はリラクゼーションルームがあり、宿泊者様以外の一般のお客様にも利用出来るようになっています。

 施工にあたり設計図よりプラン、仕様をアップさせて造ることが求められました。変更図が間に合わない中、協力業者の皆様には過去の図面、近々の物件の仕様を参考にして施工図をお願いし、何度となく描き直して頂きました。現場においても何度も変更への対応があり、職人さんには粘り強く事業主の要望に応えて頂き、協力業者の皆様の多大なるご協力のおかけで無事引渡しと開業を迎えることが出来ました。誌面をお借りして厚く御礼を申し上げます。次の物件も今回の経験を更に活かして営業、工事一体となって取り組んで行きたいと思います。

担当:名古屋支店 山田 一之

とぴあ浜松農業協同組合篠原支店建設工事

20200730_04-01.jpg
 浜松市西区篠原町に位置する当現場は、とぴあ浜松農業協同組合様の篠原支店建て替え工事として令和2年5月に完成しました。

 今回は新しい店舗及び倉庫の2棟を新築しました。店舗は、鉄骨造2階建て、建築面積約503㎡、床面積約683㎡、倉庫は、鉄骨造平屋建て、建築面積約503㎡、床面積約467㎡となります。

20200730_04-02.jpg 店舗1階のロビーは、高さ3.7mの天井に、ヒノキの羽目板を壁全面に使用した、明るく開放的な空間に仕上がりました。

 2階には会議室があり、スライディングウォールを展開・格納することで、1室から3室まで、用途に合わせて柔軟な対応が可能です。

 また、倉庫は、肥料や農薬を購入されるお客様が、自動車のまま倉庫内部まで入ることができる、ゆとりのある大空間に、大量の在庫をストック可能な、大容量の重量ラックを設置しました。

 今回は、営業中の旧店舗の隣で新店舗を新築するという、限られたスペースの中での工事となり、鉄骨建方計画や仮設計画等、安全かつ円滑に作業ができるよう工夫しました。当工事は、新店舗の完成後、旧店舗を解体し、その跡地に新倉庫を新築、新倉庫の完成後、旧倉庫を解体し、跡地を駐車場に整備するという、段階的に建て替えを進める工事となりました。

 約1年半という長い工期でしたが、無事故・無災害にて竣工を迎えられたのも、お施主様のご理解とご協力、そして協力業者の皆様のご尽力によるものであると感謝いたします。

担当:建築本部 袴田 啓紀

Villa beside a Lake新築工事

20200730_03-01.jpg
 本工事は、佐鳴湖西岸に位置する木造2階建て、延べ床面積約100坪の住宅の新築工事です。

 設計は、日本を代表する若手建築家の一人、長谷川豪さんによる設計です。

 お施主様からはプライバシーを守りながら湖の景色を楽しめる居室と、多くのゲストを招くことができる広い庭を求められていたそうです。

   建物の形状は敷地に沿ってオフセットされており、中央には現場で発生した残土により円柱状に成形された中庭が配置されています。

 屋内は、中庭を囲うようにエントランス、ガレージ、ゲストハウスなどと、居住スペースとなる、LDK、子供室などが、敷地の高低差(約2m)に合わせたスロープで円周上に緩やかに繋がれています。

   建築家 乾久美子さんが長谷川さんを紹介するコラムで、長谷川建築の特徴として、視覚的な形式性だけを重要視するのではなく、触れる、使うなど、素朴な身体性を大切にしながらも、「身体の果敢な行動のなかからしか世界は立ち現れない」と言っているかのような、身体を動かし解放する動機づけにあふれた、手にすると鳴らしてみたくなる楽器のような建築だと書かれています。

 体を動かすことが趣味であるご主人と、設計段階で誕生されたお子様にとっては体を動かすことの楽しさを覚える時期を迎え、奥様にとっては子育て期を受け入れる住宅と考えてみても、ロケーションのポテンシャルと長谷川建築の特徴が最大限に発揮されているこの住宅がとても合っているように思えます。

 技術的には難しい面も多々ありましたが、先輩・同僚社員や協力業者の皆様のお力添えをいただき、無事、お引渡しをすることができました。

担当:住宅事業部 齋藤 英貴