2019年5月アーカイブ

浜松城公園南エントランスゾーン整備工事

20190430_03-01.jpg
20190430_03-02.jpg 本工事は浜松城公園の南側玄関口となる「南エントランスゾーン」の公園整備工事です。工事場所は浜松市市役所西側で浜松市庁舎西別館跡地です。

 整備した公園のコンセプトは二つあります。一つ目は浜松城の見所である野面積(のづらづみ)の石垣がはっきりと見えるよう整備しました。浜松城の石垣は一見荒々しく積まれているように思えますが自然のままの石を使い、石と石の接合部をほぼ加工しないで積む野面積という方法でつくられており、約400年前当時の姿を残す貴重な文化財です。二つ目は発掘調査により発見された徳川家康公在城期とされる堀跡が敷地北側の東西方向に横断しているため、園路はベージュ色、堀跡は茶色に色分けし堀跡の推定位置を表示しました。

 施工において難しかった点は園路舗装でした。園路は狭い箇所が多いためアスファルトフィニッシャーやマカダムローラが入ることができない箇所があり、人力で施工する箇所も多くありました。人力での舗装は平たん性の確保や出来ばえに苦戦をしました。また今回は透水性脱色アスファルトのカラー舗装のため、通常の黒い合材での舗装とは違った難しさがあり非常に貴重な経験をさせていただきました。

20190430_03-03.jpg また新たな試みとして工事案内看板にLIMEX(ライメックス)という環境に配慮した新素材を使用しました。LIMEXは石灰石を主原料とした日本発の新素材であり、石油由来原料や水の使用量を抑え製造することが可能です。今回はリコージャパン(株)様にご協力いただき、LIMEX製の工事看板用シートを製作、設置をしました。

 浜松市役所の隣という多くの人に注目される現場でありましたが、ご指導、お力添えをいただいた協力業者の皆様や、先輩社員の協力で工事を終えることができ感謝を申し上げます。

担当:土木本部 久保 裕二
20190430_02-01.jpg
 当現場は、社会福祉法人遠江学園理事長 荒岡倫子様より発注をいただいた鉄骨造2階建てと別棟の木造販売所の新築工事です。工事場所は西区雄踏町山崎で、回りはビニールハウスが立ち並び大変静かなところです。

 工事概要は、敷地面積1754.66㎡、作業所の建築面積539.32㎡、床面積504.92㎡、授産製品展示・販売所の建築面積19.87㎡、床面積19.87㎡で、着工してから間もない基礎工事の最中、9月30日に台風24号の影響により近隣のビニールハウスの倒壊や停電が何日も続き多少の混乱はありましたが、施主担当者の迅速な対応で現場に協力していただいたおかげで工事が大変スムーズに進行し、工事期間の平成30年8月21日から平成31年3月12日に引き渡しを完了することができました。

20190430_02-02.jpg 今まで使用されているところより3.8倍も広く、広々と利用できるようになり色々な作業スペースが確保できると利用者の方はたいへん喜んでいます。

 工事期間中は事故もなく順調に進み引き渡すことができました。3月22日に竣工式が開催され、感謝状までいただき、大変光栄に思います。敷地の北側に共同生活棟も計画しているようですが、今後も継続して発注いただけるように努力して行きたいと思います。

担当:建築本部 松下 誠
20190430_01-01.jpg
 当現場は、ルートイン開発株式会社様から発注をいただいた原点にあたるホテルルートイン常滑駅前の別館新築・本館増築改装工事です。平成16年3月に竣工して以来、本物件が13物件目となり、14物件目の富士第二もすでに工事が始まっています。

20190430_01-02.jpg 事業主である豊和製陶株式会社様のもと、ルートイン開発株式会社様、我社の施工で行っています。

 工事概要は本館敷地北側での別館の新築で、客室のみ106室(シングル68室、ツイン19室ダブル18室、バリアフリー1室)の工事を行いながら、本館はレストランの増築(客席数49席から89席へ)と、男子浴室を広げる改修工事を行っています。昨年3月に市の区画整理事業による駐車場整備工事に始まり、4月には本館の大規模修繕を行い、別館が6月に着工、本館増築が11月に着工し、本年3月28日に別館、本館同時のグランドオープンとなっています。現場の担当者は、別館新築を植地、本館増築改修を進士が担当しています。

20190430_01-04.jpg 現場の環境は、敷地東側に面した県道を県と市の発注で拡幅工事を行っており、様々な業者が工事を行っています。敷地西側には名古屋鉄道常滑線の高架があり、鉄道の近接工事にあたるため、鉄骨建方、足場の組立解体時の保安対策が必要です。また本館はルートインホテルの中でもトップクラスの可動率を誇るホテルであり、大勢の団体客、航空関連の企業、地元企業の宿泊者様がご利用されている中で、第三者との事故が無い様に注意しながら対応しています。現在は別館が内装仕上、外構工事の最終段階、本館レストランは躯体が完了し、今後仕上工事、浴室は防水完了、循環機械取替え完了次第仕上げ工事を行います。
20190430_01-03.jpg

 年度末の繁忙期の中、協力業者の皆様に支えて頂きながら、最後まで気を引き締め無災害で竣工を迎え、15物件目の継続受注に向けて取り組んでいます。

名古屋支店 山田 一之