とぴあ浜松農業協同組合篠原支店建設工事

20200730_04-01.jpg
 浜松市西区篠原町に位置する当現場は、とぴあ浜松農業協同組合様の篠原支店建て替え工事として令和2年5月に完成しました。

 今回は新しい店舗及び倉庫の2棟を新築しました。店舗は、鉄骨造2階建て、建築面積約503㎡、床面積約683㎡、倉庫は、鉄骨造平屋建て、建築面積約503㎡、床面積約467㎡となります。

20200730_04-02.jpg 店舗1階のロビーは、高さ3.7mの天井に、ヒノキの羽目板を壁全面に使用した、明るく開放的な空間に仕上がりました。

 2階には会議室があり、スライディングウォールを展開・格納することで、1室から3室まで、用途に合わせて柔軟な対応が可能です。

 また、倉庫は、肥料や農薬を購入されるお客様が、自動車のまま倉庫内部まで入ることができる、ゆとりのある大空間に、大量の在庫をストック可能な、大容量の重量ラックを設置しました。

 今回は、営業中の旧店舗の隣で新店舗を新築するという、限られたスペースの中での工事となり、鉄骨建方計画や仮設計画等、安全かつ円滑に作業ができるよう工夫しました。当工事は、新店舗の完成後、旧店舗を解体し、その跡地に新倉庫を新築、新倉庫の完成後、旧倉庫を解体し、跡地を駐車場に整備するという、段階的に建て替えを進める工事となりました。

 約1年半という長い工期でしたが、無事故・無災害にて竣工を迎えられたのも、お施主様のご理解とご協力、そして協力業者の皆様のご尽力によるものであると感謝いたします。

担当:建築本部 袴田 啓紀