浜松みをつくし特別支援学校校舎等他新築改修工事

20210510_01-01.jpg
 当工事は、静岡県より発注された工事で旧気賀高校を特別支援学校へとリニューアルするものです。工事場所は浜松市北区細江町広岡の天竜浜名湖鉄道沿いにあります。工期は令和1年10月11日から令和3年2月10日です。工事概要は鉄筋コンクリート造2棟の改修工事と鉄骨造5棟の新築工事です。建築面積は4645・36㎡で、延べ床面積は11662・26㎡です。

 同一敷地内では山平建設さんが体育館改修やプールの新築工事を施工しています。

 改修棟は主に小中高生の普通教室や実習室、その他共用スペースとなっています。

 また、新築各棟は校舎棟をつなぐ連絡通路や厨房設備及びエレベーター棟、その他バスや一般車での送迎施設となっています。

 工事は既存校舎の解体工事から始めましたが、新築工事も並行して施工しました。

 改修工事を追いかけながらの新築工事の施工となり、日々の作業計画や搬出入計画等の調整に苦労しましたが、既存のRC造の建物と新築のS造を見比べながらの工事という貴重な経験をすることができました。

 私自身、改修工事は初めてという事もあり不安でしたが、仕上げるまでの工程と逆の手順で解体工事をしていく中で得るものが多くあったように思います。また新築工事では工事着手から竣工・引渡しまで関わることができ併せて貴重な経験となりました。

 約一年半と長い工期でしたが、無事故無災害で竣工を迎える事ができました。

 近隣の皆様をはじめ、協力業者の方々、上司、先輩のお力添えをいただきまして、心より感謝いたします。

担当:建築本部 岡山 夢月