LSS流動化処理工法

残渣式LSS流動化処理土は、出荷量が少ない地域であっても事業の維持が可能な製造方法として特許を取得しました。これにより発生残土利用製品より安定した品質を確保することが容易になると同時に、より狭い空間への充填精度が高くなりました。建物の床下空洞、廃止管、水没した地下空洞など大小の充填から、強度を高めてラップルコンクリートの代替品とし、その用途は多彩です。静岡県リサイクル認定品にも登録され、インフラ整備の必需品となっています。東日本大震災においても液状化対策としての効果が確認され、防災面でも期待される工法として進化を続けています。

流動化処理土が固化した後は、水を透し難い性質となり、地震時の液状化防止効果が向上します。

このようなことでお困りではありませんか。

流動化処理工法が解決します。

お問合せ・資料の請求はこちら

建築系のトラブル・用途として
  • ●工場機械ピット周りの埋戻し
  • ●沈下空洞の後処理充填として
  • ●地盤の締固めが困難な部分の埋戻しや盛土に
  • ●使用中止となった合併処理槽の埋戻し充填に
土木系のトラブル・用途として
  • ●休止した地中配管への充填に
  • ●擁壁背面の盛土で沈下防止に
  • ●防空壕や廃坑の埋戻し充填に
  • ●地盤支持力強化で不同沈下防止に
その他の用途として
●小規模な狭い部分の埋戻し
一般建築の置換え基礎材として
●斜面を利用した建物の基礎埋戻しに

LSS工法の適用例  施工事例

  • LSS流動化処理土の特徴
  • 締固め不要の材料
  • 充填性が良く遮水性が高いため沈下しにくい
  • 確実に粘着力を付加できる
  • 【護岸背面の充填】土砂流出した護岸背面に再流出防止対策としてシートを設置し、LSSを直接打設
  • 【掘削断面の縮小】流動性と自硬性を活かし、締固め工程の省略化による(埋戻し幅40cm程度)で、民地への影響を最小限とした採用例
  • 【床下空洞充填 】高い流動性と体積収縮が小さい特性を活かし、閉店後の短時間での店舗床下空洞を充填
  • 【廃止管の充填】高い流動性と材料分離抵抗を活かし、支管が多い下水本管を圧送充填し、LSSが到達した状態
  • 【廃止地下道の充填】複雑な形状をした廃止地下道に注入配管を使用し、LSSを充填
  • 【沈下した床面のジャッキアップ補修 】土間コンをジャッキアップ(特許出願中)し、高流動性を活かした充填で工期短縮と補修コストを削減

LSSプラントネットワーク

お問合せ・資料の請求はこちら

  • LSS浜松プラント
  • 残渣式流動化処理土 静岡プラント
  • LSS相馬JVプラント
  • 残渣式流動化処理土 沖縄プラント
  • 残渣式流動化処理土 富士プラント
  • 残渣式流動化処理土 長岡プラント

LSS流動化処理工法についてのお問合せ・資料の請求はここをクリック